スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

はじめまして(`・ω・´)
このブログでは岡山のヴァンガードファイターマゼンタ(雑魚)がヴァンガードの話や大会レポ、何気ないことを書いたりします
また、人生初のブログなので至らない点も多々あるかもしれません....(´・ω・`)それでもよければ楽しんで行ってください!!
コメントも待ってます!!
スポンサーサイト

Gゾーンの増加とGガーディアン

こんばんは
マゼンタです

今回は、Gゾーンについて書いていきたいと思います

Gガーディアンの登場に際して、Gゾーンの枚数が8枚から16枚へと変化しましたね。
簡単に書くと、手札から治トリガーを切ることによって、GB1を達成しつつ最低15kのガードを手札からのガード制限等に引っ掛かることなく出せるという物です。

・GB1の達成
これがかなりミソで、先攻を取って治トリガーさえ握れば初回超越からGB2が使えるというもの。
初回から強力なGユニットを使用できるところが厄介です。
これにより、先攻ならば治トリガーを。
後攻ならば完全ガードを確実に握りたい場面が増えました。

・8枚→16枚への変更
Gゾーンの枚数が倍に増えました。
Gガーディアンを4枚しか採用しなかった場合、Gゾーンが4枚増えるという形になります。
これまで、枚数の関係で入れづらかったGユニットの採用枠が増えました。
しかし、メインクランの様に数を配られているならば悩めますが、8枚でGユニットが足りているような場合。または、Gゾーンに足す選択肢がないデッキの場合は余裕のある枠に悩むことになります。
最も、FC2016の追加があるので単純に4枠増加分を埋めることは難しくなさそうですね。

さて、今回のルール改訂によってGペルソナが強力なクランはかなりの追い風となっています。
逆に、手札からのガード制限等を行うクランは「手札からの」のコールが不可能という抜け穴のためGガーディアンによって防がれてしまいやすくなりました。
そのため、今までより少しフィニッシュ力が落ちてしまっています。

個人的に、今回の改訂で「ブリーザ」は見直される可能性のあるカードになりうると考えています。
CB1で今まで以上に高火力が出せるようになりました。(最も、完全ガードに対しては無力ですが)
また、リンクジョーカーが流行れば「ポックル」も活躍の機会が増えそうです。

Gゾーンの増加したこの機会に今まで見なかったカードに注目です!

新倉敷VGCS使用レシピ

こんにちは
マゼンタです。

新倉敷VGCSで使用したビッグベリー軸のレシピを公開しようと思います!!

G4
全智竜 ウィズダムテラー・ドラゴン 2
永世教授 フェンキアクス 2
全智竜 マーナガルム 4
G3
名物博士 ビッグベリー 4
矛盾教官 タスク・マスター 4
G2
クレヨン・タイガー 4
腕利き助手 グル・ウルフ 4
ジオグラフ・ジャイアント 3
G1
ひたむき助手 ミニベリー 4
矛盾教官 シェル・マスター 4
ラベル・パンゴリン 3
エアーエレメンタル ツイテルン 3
G0
ペンシル・コアラ(FV) 1
ホルダー・ヘッジホッグ(☆) 4
カッター・ファルコン(☆) 3
カフェテリア・ラッコ(引) 4
招運キャット(引) 1
ディクショナリー・ゴート(治) 4

こんな構築になっています。
一般的なビッグベリー軸と比べたとき、変わっているのはツイテルンの枠です。
ツイテルンの存在によりG2ビートに対してある程度の耐性ができており、かつ圧力をかけれるような構築にしました。
実際、CSの際にもノヴァグラップラーに対して機能し結果追い詰めることができていたので実用性はそこそこです。
ツイテルン採用は当日に思い浮かんで組み込みましたが、結果的に入れて正解でした。
入れないなら、テーピング・キャットでいいと思います。

それではこの辺で

新倉敷VGCSㇾポ

こんにちは
かなーり久しぶりの更新になります
マゼンタです

最近はいろいろと忙しかったのと休日に屍になっていたのでそもそもVGをできておらず、モチベーションも皆無だったので急きょCSに出てみました。
といっても、レックレスの発売直後が最後に対人をしたレベルなのでほぼ新弾環境がわからず前日にある程度回しただけなのでかなりグダグダでした…
ただ、モチベは確実にあげれましたし何より楽しかったです。

さて、前書きはこの辺にしてレポを書いていこうと思います!!

使用デッキ:グレートネイチャー(ビッグベリー軸)
予選
1回戦:オラクルシンクタンク(ウィッチ軸)× 
こちら先手
何度か対戦経験のある方でした。
FVがルルスタートだったのでもしや…?と思いましたが予想的中。
相手方はG1G2ともにバニラライド。が後攻なので気持ち楽でした。こちらはスキップすることなくそのままベリーにライド。
相手のCBを1に調整していたため、スサノオにライド。初回超越は麒麟でしたが完全ガード。
対するこちらの初回超越はウィズダムテラー。が、チェックで完全ガードが見えていたのでヒットは無し。
相手の2回目超越はタケミカヅチ。ここでこちらの点が3点まで入れられます。
返しにCBの関係でウィズダムテラーの2回めでアタックするも4点でストップ。
相手の超越札はマデュー。乗るものがなくなってきたのがわかったので5点までもらい詰める算段を立てるも…
サイレントトムの16kラインが2つ。真ん中3ノーからのダブクリで負け。

2回戦:グランブルー(七海)○
こちら後攻。七海とは初めての対戦だったのでテキスト確認が多かったです...
先攻の相手がFVっを踏み潰してエンドし後攻こちらは普通に殴って終了。
G2で点を3点食らいかなり厳しくなります。こちらはG2でも単騎パンチ。相手がそのままG3ライドし殴ってきたので、何とかいなしてこちら4点相手2点に抑えます。
こちら初回超越ウィズダムテラー。クレヨンタイガーとグルウルフをたててVからアタック。ウィズダムテラーヒットとペンシルコアラが誘発。トリガーが噛んでいたためグルウルフは20kオーバー。全アタック終了時点で4点どうしなものの、こちらは5枚ドロー。
初回超越もきっちりガードしこちらが5点で表は3枚。マーナガルムでダブクリを両サイドに乗せて勝ち。

3回戦:ノヴァグラップラー(ビクトール)○
こちら後攻。対戦経験のある方でした。
こちらがG1G2で☆をめくりかなり優位に立ちます。
相手が1度スキップを選択したためこちらはG3ベリーにライドし、ツイテルンをコール。
Rにタスクマスターとツイテルンをコールし4パンで5点まで詰めてターンを返すとビクトプラズマで初回からVスタンド。
4ノーが成功し耐えきることに成功。そのままビッグベリーのボーナスとマーナガルムのこめられた1ラインで詰めて勝ち。

4回戦:シャドウパラディン(撃退者)✕
こちら先攻。
序盤中盤はいなして五分五分に。相手の初回超越はオーラガイザー。こちらの初回超越はウィズダムテラー。
序盤にペンシルコアラを焼かせなかったため、安心していたもののオーラガイザーダムドで焼かれます。しかし、5点でに抑えて返しにマーナガルムを撃つものの耐えられてしまいディアブロに超越されて負け。
チェックとオーラガイザーたちの回収を見て詰め切れると判断して横に出さなかったというプレミ。
慢心、ダメ絶対。

5回戦:シャドウパラディン(ディアブロ)○
こちら後攻。
G1G2で☆をめくり。完全にペースを握りそのままアタックをいなして初回超越ウィズダムテラー。相手初回超越オーラガイザーで手札を増やすもマーナガルムで詰めて勝ち。

予選12位通過
5戦3勝2敗

決勝トーナメント
1回戦:ギアクロニクル(クロノジェット)××
1本目
序盤から3パンされ、守り札も超越札もなくメタリカで負け。
2本目
序盤から3パンされ、守り札もアタッカーもなくそのまま負け。
引けないとき、ダメなときの立ち回りをもっとしっかりしていかないと勝てませんね…

決勝トーナメント
初戦敗退

反省点や今後の課題を見つけることができたのはよかったです。
また、久々にヴァンガードをできたのは純粋に楽しかったですし、いろんな構築やデッキの動きを見れて勉強にもなりました。

対戦された方、参加された皆様、運営の皆様。お疲れ様でした!!

1/6 今日のカード

こんにちは
マゼンタです

《アックスダイバー》
ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
スパイクブラザーズ - オーガ パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】:突撃(効果で(R)に登場したターン中、突撃状態にしてよい。そうしたら、参加したバトル終了時に山札の下に置く)
【自】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、あなたの「ライジング」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、他のあなたのリアガードを1枚まで選び、表でバインドし、バインドゾーンからそのカードをユニットのいない(R)にコールする。さらに、このユニットが突撃状態なら、そのターン中、この効果でコールしたユニットとこのユニットのパワー+5000。

・グリマーブレスサイクル
ライジングを指定するグリマーブレスサイクルです。
登場時CB1SB1で他のRをバインドゾーン経由でスタンド。自身が突撃状態ならば自身とコールしたRに5kパンプという効果です。
バトルフェイズ中にコールして連続パンチをかけるユニットになりますが、個人的にはバインドしたいのはスカイダイバーですね。
ダイバーつながりな上に、強力なヒット時スキルがあるのでかなりいやらしい動きになりそうです。
また、スカイダイバーが通るとアックスダイバーをコールして連続アタックも可能です。
相手からすると大量の手札を要求されるのでかなりしんどそうですね…

それではこの辺で|・x・)ノシ
プロフィール

マゼンタ

Author:マゼンタ
岡山のヴァンガードファイターです!!
ブログは始めたばかりで分かんないことも多いですが失踪しないよう頑張ります!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。